DV(ドメスティックバイオレンス)

DVについて、民事的に対応する方法としては、夫婦関係を清算するために離婚をすること、ご主人に対して慰謝料等の損害賠償を請求することなどが考えられます。

①離婚

離婚の方法には、話し合いで離婚をする協議離婚、家庭裁判所の調停で離婚をする調停離婚、裁判所の裁判で離婚をする裁判離婚などの方法があります。

日常的に暴力を受けている場合には、話し合いで離婚の協議をすることは困難であるため、まずは調停離婚を検討することになるでしょう。
単純に離婚といっても、子どもの親権や財産分与、子どもの養育費の問題など、解決しなければならない問題はたくさんあります。ヒアリングの内容を精査し、有利になる必要証拠を固め、ご期待にお答えいたします。

②損害賠償請求

DVを理由として慰謝料や治療費の損害賠償を請求することも可能ですが、DVを受けている状態のまま損害賠償の請求だけをすることは通常は考えられず、離婚の手続きの中か離婚後に損害賠償の請求を行うのが一般的ではないかと思われます。

なお、以上のような行動を起こした場合には、ご主人からの暴力が更に加速するおそれがあります。
このおそれが強い場合には、あらかじめご主人の暴力の及ばない場所に生活の場所を移しておく必要があります。
男女問題解決センターでは避難シェルターの手配や手続きのサポートも承っております。

DVへの刑事的対応

暴力行為については暴行罪(刑法208条)、暴力の結果怪我を負ったことについては傷害罪(刑法204条)に該当するものといえます。

したがって、警察に被害を申告し、刑事的な責任を追及してもらう方法もあります。
単に被害を申告する場合には被害届を提出しますが、さらに積極的に処罰を求める場合には、刑事告訴をすることになります。

もっとも、刑事責任の追及は、捜査機関が罪を犯したと疑われる者について捜査を行い、裁判によって刑罰を科すよう裁判所に求めていく手続きであり、直接夫婦間のDVの解決に乗り出すものではありません。

したがって、警察に被害届や告訴状を提出しても警察がご主人を逮捕するとは限りませんし、証拠がなければ裁判にはならない可能性もあります。

よって、DVに対して刑事的な対応を取ることを検討する場合には、事前に十分に所轄の警察署に相談をする必要があるでしょう。その際に決定的な証拠が事件の左右を握るとっても大事なものなります。様々な機器のレンタルや証拠調査士の介入による確かな証拠を確保するサポートも致します。

なお、DV防止法の保護命令を利用する場合には、警察等に相談していることが申立ての要件とされています。
したがって、DVを警察に相談すること自体は積極的に検討してよいと思われます。
具体的にDVを刑事事件として問題にする際は、警察署の刑事課が窓口になりますが、DV防止法の保護命令を申し立てた際、警察への相談の有無を裁判所が照会するのは生活安全課になりますので、DVに関する一般的な相談としては生活安全課に行かれるのがよいと思われます。男女問題解決センターでは解決後のアフターフォロー、アフターケアまでお客様をサポート致します。ご依頼者の殆どの方が事後2年3年と心身的に不安を抱え続けているという統計もあり、お客様の明るい未来のためのアフターケアには最善のサービスをお約束いたします。

DVからの避難

DVへの対応を検討するにあたり、DVからの避難はもっとも関心の高い事項であると思われます。
特に日常的にDVにさらされているような場合は、精神的、肉体的に疲弊しており、まずは安心して生活できる場所へ避難しなければ今後のことが考えられないという場合も多いでしょう。場所の検索や各手続きのサポートも致します。

①避難場所

DVから避難する方法として、もっともポピュラーな方法としては、実家や親族、友人宅に一時的に避難することがあります。

このような避難場所がない場合には、婦人保護施設や母子生活支援施設などの公的な施設に入所することも考えられます。
婦人保護施設は婦人相談所が、母子生活支援施設は福祉事務所が窓口となっています。男女問題解決センターにて避難先住居の確保をお手伝いすることも可能です。

②DV防止法の保護命令

DVから避難するための準備の方法としてDV防止法の保護命令を利用することが考えられます。

DVから避難する準備をする間、DVを行う配偶者からの更なるDVを回避するために、6ヵ月間配偶者の接近を禁止する接近禁止命令や、生活の本拠をともにしている場合には2ヵ月間だけ生活の本拠からDVを行う配偶者を退去させる退去命令などがあります。

このような保護命令を利用することで、配偶者が知らない場所へ転居したり、自宅から生活に必要な荷物を運び出すなどして、継続的なDVを回避しつつ、DVのおそれのない場所への避難を実現していくことができます。

それでも円満にDVを解決したい

心理カウンセリングや定期観察など状況に応じて円満な形になるようサポートいたします。
子供がまだ小さいから、離婚しても生活が出来るか不安だから等々、様々な理由で我慢をしていたり、やっぱりそれでも愛した人と結婚をしたのだからと思われたりと、人それぞれ問題の解決においては異なります。円満に解決できる方法があるのであれば!と思われる方も是非ご相談いただければと思います。

男女問題解決センターでは現状の状況に応じて最適な解決策を行使します。




女性スタッフも在籍だから安心です!


男女問題解決センターの強み!

交渉や解決に関して

解決しなければならないことはあるが、「なるべく相手に会いたくない…。」「直接話をするのが怖い。」どんな場合でもご安心ください。男女トラブルの解決は、話し合いが基本となり、双方でよく話し合いっていただき、解決されるのが本来は一番よい解決方法です。 しかし、特異な男女トラブルに発展してしまった場合には、相手と直接話し合いをしても、感情的になってしまったり、暴力や脅迫に発展してしまうケースもありますので、ご自分だけで解決しようとせず、ご相談ください。また、近隣調査・浮気調査・盗聴器調査に関しては探偵社としての卓越したスキルが調査報告書に全てまとめあげられます。徹底した調査報告をお約束いたします。

安心価格と高い確実性

通常、男女トラブル等の解決をするには探偵や弁護士を雇い、通知書面(内容証明郵便)を送付、相手方からの回答を待って、回答に応じてこちら側が対応していく場合がほとんどでが、誠実に対応してくる相手方であればいいのですが、相手方が「逃げてしまう」または「無視してくる」「秘密裏に攻撃してくる」そんな相手方には一切効果はありません。
当社のやり方としては、相手方との直接交渉を行うことで、相手方を逃がさないことを最優先に万全な準備と対応をいたします。.
業務においては徹底した調査報告書により問題解決の策をプランA、プランB…と臨機応変に対応できる環境を整え、効率的に業務を遂行することで価格を抑えております。


卓越した情報収集力とプロフェッショナルチーム

その相手方の情報が少ない場合でもあきらめずにご相談ください。当社にてお調べし、相手方の身元を判明させた後に、法律手続きや問題の解決を行うことができます。.
また、男女トラブルや金銭トラブルの行動的・心理的分野に精通する、専門家・弁護士が対応いたします。
各分野で活躍する専門家の専門知識や解決ノウハウを活用することができますので、様々なトラブルの事情をしっかりと踏まえた、きめ細かで迅速な解決を図ることが期待できます。

プライバシーに関する完全秘密主義

各専門家がおこなう調査手続・法律手続きにつきましては、一般に非公開で行なわれます。
あなたの秘密やプライバシーなどもきちんと配慮されますし、相手方や他人に知られることなく、男女トラブルや金銭トラブルの解決を図ることができます。.
また、結婚調査や近隣調査に当たっては、相手方に真意を悟られることなく秘密裏に調査をまとめる事も可能です。


トラブル解決率94%!!

男女問題 トラブル

各メディアで話題沸騰

メディアでも度々取り上げられるのには圧倒的な解決率と、安心安全なお客様の目線に立ったご提案を形にすることが評価されています。様々な男女間のトラブルに対しプライバシーを守りつつお客様をお助けします。些細な問題でも、他社では断られた問題でも弊社なら解決出来る自信があります!ご相談は無料です。是非、卓越したプロ集団にお任せください。

お金の貸し借り

金銭トラブル

交際中にお金でもめることは少なくありません。 お金を借りるまではみないい顔をするもので、まして「結婚が前提の交際」となると、信用していただけに、金銭トラブルになってしまったとき…

浮気調査

浮気・不倫

肉体関係のある浮気・不倫のことを、法律用語で「不貞行為」といい、不貞行為は法律上の「不法行為」に該当することになります。不貞行為とは、継続的・反復的に性行為(肉体関係)をおこなう…

ストーカー 対策

ストーカー被害

恋愛感情を伝えるためにまちぶせをしても、ただちに法律に触れることはありません。 ストーカー規制法では、まちぶせをしてその相手に身体の安全、住居等の平穏・名誉が害され…

DV被害

ドメスティックバイオレンス(DV)トラブル

DVについて、民事的に対応する方法としては、夫婦関係を清算するために離婚をすること、ご主人に対して慰謝料等の損害賠償を請求することなどが考えられま…

浮気調査

浮気・不倫調査

浮気や不倫の証拠収集を専門とする証拠調査士がいます。 弁護士、認定司法書士が行う法律手続に必要となる証拠、浮気や不倫の証拠が必要な場合の証拠収集を行うこ…

盗聴器発見

盗聴器発見やGPS機器

近年、安価な値段で購入することが出来ることやスマートフォンの普及に伴い盗聴やGPSによる監視といったトラブルが急増しています。当社専門のスタッフによる盗聴器発見カリキュラム…

結婚調査

結婚調査

現在、出会いの形も多様化しており、婚活パーティー、出会い系サイト、ネットゲーム上など、気軽な形で結婚相手と出会う方も珍しくはありません。昔のような正式な釣書を持参してのお見合いは、減少の一途を辿るばかりです…

リベンジポルノ 対策

リベンジポルノ 誹謗中傷

近年インターネットの普及や携帯電話の機能向上に伴い、また誰にでも簡単に動画投稿が出来る環境の構築が整備されリベンジポルノという悪質な犯罪が横行しています。自分の動画が勝手にアップロードされてしまった。消したいけど対処がわからない…

浮気調査

企業信用/企業・隣人調査

M&Aによる企業の実態調査や資産・負債に関する事項のみならず、正常収益力や将来収益力を担保する経営リソース・業務プロセスなどの内部環境、将来の業界動向や競合・顧客の状況、役員の派閥や株主などのステークホルダーに関する状況の把握。また個人の近隣住宅環境に関する個別の隣人調査まで…

各弁護士会・各書士会





各書士会・関係省庁







    男女問題解決センター
    探偵社ソリューションproduce by 東鳳企画合同会社
    東京都公安委員会 届出 第30180238